各企業での面接がスタート!

2018/02/08 受け入れにあたって東日印刷

2018年2月8日(木)

 

 

インフルエンザの治癒証明書に担当医の印鑑がないということで、再度、病院に行かなければいけなく、ちょっと面倒に思うIwamotoです。今の世の中、請求書に印鑑が押されていなかったとしても有効な世の中なのですが、古き!良き?会社のあるあるです。

 

面接はこんな感じです!

 

さて、PIITs’2018の面接が各社でスタートしているようです。通訳なしで問題のない企業様ばかりですが、今年も我々はどうどう通訳をお願いしております。でも、通訳なしで好き勝手に面接したいな〜と切に思います。レアジョブ本気塾か・・・。

 

今年は4名のインターン生を受け入れます。面接もスピーディにそして、決定もスピーディに・・・。PIITsに興味をお持ちの企業の方々の参考のために、どんな面接風景か御紹介しましょう。

 

 

こんな感じで大きく投影しています

 

3元中継…右下の病人が私

 

 

正直、3年目にもなると「TONICHI」も実は有名になってきています。学生も結構、情報を持っているような気がします。

 

私は面接官のプロではありませんので、まあ、何となくフィーリングを見る感じで・・・。今年はラヴゴパがいるので、技術的なところは彼らに任せて・・・。

 

何人か面接を終えましたが、私とラヴゴパの評価はおおよそ同じようでした。ほかのメンバーもおおよそ同じのようで、ある程度、一致した形でメンバーが決まっていきそうです。

 

あともう1回面接をする予定です。もう2月・・・2月はすぐに終わってしまうから、そうするとあっという間に5月が来てしまいますね。今年はどんなドラマが待っているのか・・・。今年は前半組の復路のフライトが日曜であれば、足立区の花火大会を見ることができます。今年も我が家はパーティーです。

 

 

ラヴゴパの働くオフィスの目の前に新しい自動販売機が設置されました。会社も色々と改革をすすめているようです。数年後にどんな会社になっているか楽しみですね。我々のやれることは、IIT出身の優秀なエンジニアが新規事業への取り組みや、アプリ開発、AI開発という何をやっているか?強く興味をもってもらう、魅力的な事業展開をすることが最も重要なことだと考えています。

 

日本でも、印刷会社でも、TONICHIでもIITからのエンジニアは成長し、冒険できることを証明したい。

 

 

【K.Iwamoto】

CONTACT

PIITsに関する詳細、又はご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合せ