新・インド工科大生の採用方法 ~なぜ日本語力ゼロでも内定率70%が実現しているのか~

2018/07/09 お知らせ受け入れにあたって東日印刷

2018年7月9日(月)

 

今年もも7月9日・・・。インターンシップも大詰めも大詰め。毎年、進捗は悪くないと思っていて、いざ、7月に入ると進捗が悪い・・・という現実に直面している気がします。D橋さんは何を気にしているのか、新体制になってから、フットワークが重く、ちょっと不満を抱くIwamotoです。

 

さて、本当であれば、7日(土)に開催された「PIITs&GTIコンソーシアム異文化PBL」の模様をお伝えしたいのですが、あまりにもあの1日はボリュームが大きすぎてまとめきれておりませんので、後日、盛りだくさんでお伝えします。

 

さて、今日は、5日に東日印刷㈱内で開催したセミナーに関してです。

新・インド工科大生の採用方法 ~なぜ日本語力ゼロでも内定率70%が実現しているのか~

 

日本語力ゼロでも内定しちゃうって・・・。完全に東日印刷㈱の話ですよね、コレ・・・。

 

初めてこういったセミナーを開催しました。当日は天気も微妙でしたが、数社の御客様に参加していただきました。

まずは、町田代表より題名の内容を丁寧に説明します。

町田代表

 

そして、PIITsでの受け入れ・採用の第一号企業である東日印刷㈱より私が代表して、体験談を軽く話しました。

  1. 最初どのようにして社内で話を通したか?
  2. インターンシップ期間中にどのようなプロジェクトを実施したか?
  3. コミュニケーションに関してはどう考えているか?
  4. 実際の採用時の給与など
  5. T-NEXTの今後の展望

 

人前で話すのは得意なわけではないですが、慣れてきたような気もします。

資料無しって・・・

 

私からすると、IT企業はこんなことやって当たり前なんだろうな・・・と思っているのですが、全てが全てそうでもないみたいで、私の話を興味をもって聞いていただけているようで非常にありがたい限りです。

 

そして、T-NEXTフロアへ見学です。

 

ラヴゴパと談笑

ロイの顔認証をお試し・・・

 

といった感じで、第1回目のセミナーとしてはまずまずだったのではないでしょうか?

 

各企業様がPIITsに興味をもっていただければ幸い・・・ですが、東日印刷㈱としては今後はライバル企業になるわけですから、PIITs第一号企業として常に先へ先へ行けるよう頑張っていかねばなりません。ここで何かを書けば書くほどそのプレッシャーがかかってくるわけですが、年のせいか鈍感なのか・・・。そんなわけないですが・・・。

 

ひとまず第1回目ということで、良かったのではないでしょうか。もっとプロモーションせねば・・・。

 

 

【K.Iwamoto】

CONTACT

PIITsに関する詳細、又はご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合せ