インド工科大学訪問記② IITパトナにてPIITs&企業紹介

2018/09/21 インド滞在記担当者ブログ

「じゃあ、私もう行くね。これ、タクシー代だから。」
私を空港第3ターミナルまで乗せてくれたタクシーは、目的地到着後ブレーキをしっかり踏んでおらず、前方で停車していたタクシーに追突。その結果、言い合いを続ける運転手達。パトナ行きの飛行機に乗り遅れては困るので、運転手に150ルピーを握らせて、チェックインカウンターに走りました。(あれ150ルピーで足りたのかな・・)

こんにちは、Yukaです。インド滞在2日目の今回は、いよいよインド工科大学(IIT)パトナ校に移動し、学生選定を開始します。朝からちょっとした事故に巻き込まれましたが、張り切っていきます。

パトナ校編は、
① IITパトナ校へ移動&PIITs説明会の様子
② グループディスカッション&個別面接の様子
③ ゲストハウスや大学施設について
これら全部で3つの記事でお伝えしていきます。

 

IITパトナ校へ移動

朝8時くらいに空港に向かったのですが、すでに人で溢れていました。毎回疑問に思うのですが、なぜインドの方は一人ひとりの荷物の量がめちゃくちゃ多いのでしょうか。。


その後約1時間のフライトでパトナ到着。滑走路からArrivalゲートまでは徒歩でした。若干ですが、デリーよりは空気が済んでいる気がします。まあ本当に若干ですが。。


空港からはタクシーでIITパトナ校に移動。おおよそ1時間半くらいの道のりです。


舗装されている道路があったり無かったり。。相変わらず二車線の真ん中を走っていくスタイルでどんどん進んでいきます。ちなみにこの写真、電線になぜかポーチが引っかかってます。なんなんだ一体。。

そして無事IITパトナ校のゲストハウスに到着しました。ゲストハウスはパトナにリクルーティングに来る会社のスタッフや、客員教授が短期間滞在する為の施設です。少し遅めの昼食を取ってから説明会会場に移動しました。ゲストハウスに関しては3つめの記事で詳しくお話します。

 

PIITs&企業説明の様子

まずはIITパトナ校のメインビルであるAdmin Blockへ。そこでPlacement Cell(IITパトナの採用課)を訪れ、ご挨拶。その後、説明会会場に向かいました。

会場に到着すると、既に学生が待っていてくれました。普段は大学の授業で使用する教室をお借りして、説明会をスタート。

今回IITパトナ校からは、おおよそ60人の学生がPIITsに応募してくれました。応募してくれた7割の学生がComputer Science & Engineering (コンピューターサイエンス、通称CSE)を専攻しています。残り3割はElectrical Engineering (電気工学) やMechanical Engineering (機械工学) 等のCSE以外の学生です。

基本的にPIITsはCSE専攻の学生を対象としています。しかし、CSEに在籍はしていないものの、CSEの学生と同等レベルの技術力があり、かつ、日本での就業意欲が強い学生の紹介もおこなっています。

大学のCGPI*がCSE専攻者は7.0以上、それ以外の学部に在籍する学生は7.5以上の成績を持つ学生に対してオンラインのコーディングテストを実施しました。その数おおよそ40名ほどです。この40名を対象に、説明会を実施しました。

ちなみに、今回応募してくれた学生の3割程がCGPIが8以上という成績を収めていました。昨年より早くIITにアプローチしたことにより、より多くの優秀な学生に会えそうです!

(*CGPI・・・GPAのように学生の大学での成績を表すものです。10.0が最高点、通常7.5以上の成績を取ると非常に優秀とされています)

まずはテジュさんのPIITs説明から。PIITsの仕組みや今年来日した学生の様子、日本での基本給の詳細や就職の現状に関して伝えています。おおよそ20分ほどの紹介が終了。

 

その後は(株)オズビジョンさんの会社説明会を実施しました。実は今回のIITパトナ訪問には、PIITs 2019にご参加いただくオズビジョンさんに同行していただいております!!

HR担当の松澤さん(左)、そして吉村さん(右)です。通常PIITsは弊社が選考した学生を企業様に紹介し、Skypeでの面談を通して受け入れる学生を決定していただきます。ですが今回私が現地採用に行くことを伝えると、「実際にIITに行ってみたい」「直接学生と会って最終面談をしたい」とのことで、現地集合で来ていただきました(拍手) 遠路遥々ありがとうございます!

PIITsの学生選定に企業様が参加し、企業についての会社説明をしていただくのは今回が初の取り組みです。いい学生に出会えるように、こちらも尽力します。

こちらオズビジョンさんの会社説明の様子です。ちなみに、今回学生に向けて英語で会社説明を実施してくださった吉村さんは、前職でインドやパキスタン出身の方々と働いていた経験があり、ヒンディー語も話せます。すごい。。

会社情報や事業の一つであるの「ハピタス」についてはもちろん、インターンシップ中のプロジェクトに関しても話していただきました。

 

会社紹介の後、PIITs2018にIITパトナ校から参加し、無事内定を取得したSkandが登場。日本での生活や自身が経験したプロジェクトについて話してもらいました。

後輩からの質問に対して、自分の考えをと共に答えてくれていました。今回実施した説明会以前に後輩からPIITsに関して来た質問にも、facebook等を使って受け答えしてくれていたようです。なんていい子なんだ。。

その後場所を変え、グループディスカッションを実施。グループディスカッション、個別面接の様子は次回の記事で紹介します。

それでは!

CONTACT

PIITsに関する詳細、又はご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合せ